ニキローソク

ニキローソクの心得

一、『灯してなんぼ。ローソクだもの。』

見た目ももちろんこだわってますが、何より灯してください。灯しても素敵なキャンドル作りを目指しています。

一、『高級感より親近感。』

もちろん癒しとかラグジュアリーな空間を演出する物でもあるけれど、もっと身近で手軽で生活に溶け込むものを目指しています。

一、『蛍光灯よりローソクを。』

同じ会話でも同じ話でも蛍光灯の下とキャンドルを囲んだ会話では心に残る度合いが違います。
そんな思い出に残る瞬間を演出したいと願っています。


以上を目指すべく、はなうたを歌いながら制作しております。

ニキローソクのきまりごと

下記の注意を守ってお楽しみください。

  • ローソクは不燃性の水平な受け皿に置いてご利用ください。
  • 燃えやすい物が近くにないか、強い風で倒れる事が無いか安全を確認してください。
  • ローソク燃焼中は側を離れないでください。離れる際は必ず火を消してください。
  • ローソクの炎が大きすぎる場合は一度火を消し、芯を5mm程度の長さに切ってからご利用下さい。炎が大きいとススが出る原因になります。
  • 火を吹き消すと、溶けている蝋が飛んだり、煙が出たり、煙臭くなります。割り箸などで火のついた芯を下からこすって消すと、綺麗に消す事ができおすすめです。
  • デザインにより製品によっては芯が長い場合があります。使用の際は、芯を5mm程度の長さに切って灯してください。